著書・論文

タイトル画像

書籍の紹介

※画像をクリックすると詳しい情報が見られます。


トレーニングソフトの紹介

バランスよく健やかに脳の発育を。

高次脳機能とは、人間が日常的に生活を円滑に過ごすためのさまざまな脳の働きです。


論文

  1. Aoki S, Yamauchi Y, Hashimoto K. Developmental trend of children with Down’s syndrome – How do sex and neonatal conditions influence their developmental patterns? Brain Dev. 2018;40:181-7.
  2. 上出杏里, 橋本圭司. 小児リハビリテーション領域におけるICFの活用.総合リハ 2018;46:37-43.
  3. Hashimoto K, Tamai S. Investigation of Mean Data for the Parent-Rated Ability for Basic Movement Scale for Children Type T (ABMS-CT) in Toddlerhood. Pediatr Neonatal Nurs Open Access 2017; 3(1): doi http://dx.doi.org/10.16966/2470-0983.120
  4. 橋本圭司.発達障害児支援の動向.ノーマライゼーション障害者の福祉2017;37(11):10-3.
  5. 橋本圭司. リハビリテーションにおけるエビデンスの今 高次脳機能障害. 臨床リハ 2017;26:896-9.
  6. 橋本圭司. 小児脳損傷のリハビリテーションー評価と組み立て方ー.MB Med Reha2017;210:1-6.
  7. 柳澤 瞳,今井裕弥子,佐藤裕子,彦坂 信,守本倫子, 馬場祥行,橋本圭司,金子 剛. 口蓋裂チーム外来における第一・第二鰓弓症候群児の言語機能評価. 総合リハ 2017;45:253-256.
  8. 橋本圭司. ICTによる認知機能測定ー子どもから高齢者まで.総合リハ 2016;44:1064-9.
  9. 蓮川嶺希, 竹厚和美, 松井直子, 深澤聡子, 上出杏里, 橋本圭司. 小児高次脳機能障害に対する集団リハビリテーションプログラムの取り組み. OTジャーナル 2016;50:1427-32.
  10. Hashimoto K, Udagawa E, Fukuda T, Kaneko T, Kato H. Review of incident reports over six years at the National Medical Center for Children and Mothers in Tokyo, Japan. Journal of Medical Safety. 2016:50-3.
  11. 橋本圭司. 高次脳機能障害どのように対応するかー小児から高齢者までー.認知リハビリテーション 2016;21:1-4.
  12. Yamauchi Y, Hashimoto K, Mezawa H, Kamide A, Kamikubo T, Naiki Y, Horikawa R, Sato S, Arata N. Evaluation of Intellectual Function Associated with Maternal and Pediatric Thyroid Dysfunction. Pediatr Ther 2016, 6: 298.
  13. 橋本圭司. 武道の可能性を探る 高次脳機能と武道.月刊 武道 2016;9:60-64.
  14. 橋本圭司,宇田川恵里子,福田珠希,青木香世,小塚和人,金子 剛,賀藤 均.小児・周産期専門病院における患者確認遵守向上の有効性の検討.医療の質・安全学会誌 2016;11:279-84.
  15. 橋本圭司. 高次脳機能障害どのように対応するかー子どもから高齢者まで.回復期リハビリテーション 2016;15:35-7.
  16. 橋本圭司. 小児リハビリテーションーその歴史と各疾患への対応 高次脳機能障害のリハビリテーション.Jpn J Rehabil Med 2016;53:370-373.
  17. Aoki S, Hashimoto K, Ikeda N, Takekoh M, Fujiwara T, Morisaki N, Mezawa H, Tachibana Y, Ohya Y. Comparison of the Kyoto Scale of Psychological Development 2001 with the parent-rated Kinder Infant Development Scale (KIDS). Brain Dev. 2016;38:481-90.
  18. Hashimoto K, Ogawa K, Horikawa R, Ikeda N, Kato K, Kamide A, Sago H. Gross motor function and general development of babies born after assisted reproductive technology. J Obstet Gynaecol Res. 2016;42:266-72.
  19. 橋本圭司. オーバービュー:発達障害とは何か.臨床リハ 2016;25:330-3.
  20. Hashimoto K, Honda M, Kamide A, Horikawa R. Investigation of Normal Data for the Mother-Rated Ability for Basic Movement Scale for Children (ABMS-C) During the First Year of Infancy. Pediatr Neonatal Nurs. 2016;2: doi http://dx.doi.org/10.16966/2470-0983.109
  21. Hashimoto K, Aoki S, Miyamura K, Kamide A, Honda M. Clinical Efficacy of Shoes and Custom-modeled Insoles in Treating Down Syndrome Children with Flatfoot. Phys Med Rehabil Int. 2015;2:1061.
  22. Naito M, Aoki S, Kamide A, Miyamura K, Honda M, Nagai A, Mezawa H, Hashimoto K. Gait analysis in Down syndrome pediatric patients using a sheet-type gait analyzer: Pilot study. Pediatr Int. 2015;57:860-3.
  23. 橋本圭司. 小児専門病院における発達障害児に対する取り組み.Jpn J Rehabili Med 2015;52:611-4.
  24. 橋本圭司. 小児高次脳機能障害に対する評価.臨床リハ 2015;24:864-8.
  25. 橋本圭司,宇田川恵里子,金子 剛,賀藤 均. 小児・周産期専門病院におけるインシデント・アクシデントレポートの分析. 医療と安全2015;4:37-42.
  26. Uruma G, Hashimoto K, Abo M. Evaluation of Regional White Matter Volume Reduction after Diffuse Axonal Injury using Voxel-based Morphometry. Magn Reson Med Sci. 2015;14:183-92.
  27. Kamide A, Hashimoto K, Miyamura K, Honda M. Assessment of feeding and swallowing in children: Validity and reliability of the Ability for Basic Feeding and Swallowing Scale for Children (ABFS-C). Brain Dev 2015;37:508-14.
  28. 橋本圭司,紙谷万里子,内藤真紀子,宮村紘平,上出杏里,本田真美,山内裕子, 本田真美, 上久保 毅, 安保雅博. 扁平足児における靴と足底装具の効果についての検討.Jpn J Rehabili Med 2014;51:794-98.
  29. 池田夏葉,竹厚 誠,山内裕子,本田真美,宮尾益知, 上出杏里, 橋本圭司. WISC-IV知能検査による発達評価外来患者の知的機能に関する検討.慈恵医大誌2014;129:129-38.
  30. 竹厚 誠, 池田夏葉, 山内裕子, 本田真美, 宮尾益知, 橋本圭司. Wechsler Intelligence Scale for Children-Fourth Edition(WISC-Ⅳ)「絵の抹消」の有用性. Jpn J Rehabili Med 2014;51:654-61.
  31. 上原和美,松井直子,河本嶺希,深澤聡子,上出杏里, 橋本圭司. 当センターにおける小児がんに対する作業療法の取り組み. 総合リハ 2014;42:885-889.
  32. 目澤秀俊,橋本圭司,宮尾益知,大矢幸弘,井田博幸. 新版K式発達検査とDenver発達スクリーニング検査Ⅱの比較. 日本小児科学会雑誌2014;118:487-93.
  33. 橋本圭司. 小児発達検査で何を見るか.総合リハ2014;42:51-4.
  34. Hashimoto K, Sakamoto N,Takekoh M, Ikeda N, Kato K, Honda M, Tamai S, Miyamura K,Horikawa R, Ohya Y. Validity of the Family-Rated Kinder Infant Development Scale (KIDS) for Children. Pediat Therapeut 2013;3:153. doi:10.4172/2161-0665.1000153
  35. 橋本圭司. 高次脳機能障害―心と身体で支えるリハビリテーション―.理学療法京都2013;42:1-5.
  36. Uruma G, Hashimoto K, Abo M. A new method for evaluation of mild traumatic brain injury with neuropsychological impairment using statistical imaging analysis for Tc-ECD SPECT Ann Nucl Med 2013;27:187-202.
  37. 橋本圭司. 筋緊張の異常.小児科学レクチャー2012;2:1222-6.
  38. 橋本圭司. 高次脳機能障害―心で支えるリハビリテーション―.高次脳機能研究2012;32:360-5.
  39. 橋本圭司. 高次脳機能障害者の生活の実態と支援.臨床作業療法2012;9:230-4.
  40. 橋本圭司. 脳外傷による高次脳機能障害.総合リハ2012;40:530-1.
  41. Hashimoto K, Matsui N, Yakuwa H, Miyamura K. Evaluation of the Family-rated Kinder Infant Development Scale (KIDS) for Disabled Children. Jikeikai Medical Journal 2012;59:5-10.
  42. Hashimoto K, Miyamura K, Honda M. Evaluation of Ability for Basic Movement Scale for Children Type T (ABMS-CT) in disabled children. Brain Dev 2012;34:349-53.
  43. Kasahara K, Hashimoto K, Abo M, Senoo A. Voxel- and atlas-based analysis of diffusion tensor imaging may reveal focal axonal injuries in mild traumatic brain injury — comparison with diffuse axonal injury. Magn Reson Imaging 2012;30:496-505.
  44. 橋本圭司. 重症頭部外傷後に生じる認知機能障害.精神科治療学2012;27:293-8.
  45. 橋本圭司. 精神障害者保健福祉手帳診断書(高次脳機能障害).総合リハ2012;40:193-7.
  46. 橋本圭司. リハビリテーション医療における心理療法の活用.MB Med Reha2011;138:1-8.
  47. 橋本圭司,斎藤英敏.高次脳機能障害児の支援を目的とした公開リハビリテーション講座の実践.小児科2011;52:913-7.
  48. 橋本圭司.軽症脳外傷におけるイオマゼニルSPECTの有用性.MB Med Reha2011;132:101-5.
  49. Miyamura K, Hashimoto K, Honda M. Validity and reliability of Ability for Basic Movement Scale for Children (ABMS-C) in disabled pediatric patients.Brain Dev 2011;33:508-11.
  50. 橋本圭司. 小児リハビリテーション 国内外の動向.総合リハ2011;39:213-7.
  51. Honda M, Hashimoto K, Miyamura K, Goto H, Abo M. Validity and reliability of a computerized cognitive assessment tool ‘Higher Brain Functional Balancer’ for healthy elderly people. Japanese Journal of Cognitive Neuroscience 2010;12:191-7.
  52. 橋本圭司.高次脳機能障害リハビリテーション―診断・治療・支援のコツ―.Jpn J Rehabil Med 2010;47:856-61.
  53. 橋本圭司. 高次脳機能障害の評価法 評価への戦略.総合リハ2010;38:1196-7.
  54. Hashimoto K, Goto H, Abo M. Computerized Assessment Tool for Healthy Elderly Persons as a Predictor of Cognitive Function. Jikeikai Med J 2010;57:1-4.
  55. Tanaka T, Hashimoto K, Kobayashi K, Sugawara H, Abo M. Revised Version of the Ability for Basic Movement Scale(ABMS II) as an Early Predictor of Functioning Related to Activities of Daily Living in Patients after Stroke. J Rehabil Med 2010;42:179-181.
  56. 橋本圭司. 高次脳機能障害診断書.臨床リハ 2009;18:842-6.
  57. 橋本圭司. IT技術を駆使した認知機能評価.臨床リハ 2009;18:741-3.
  58. 橋本圭司.Brain scienceのトピックス.外傷性脳損傷:認知リハビリテーションの進歩.Jpn J Rehabil Med 2009;46:418-22.
  59. Hashimoto K, Abo M. Abnormal Regional Benzodiazepine Receptor Uptake in the Prefrontal Cortex in Patients with Mild Traumatic Brain Injury. J Rehabil Med 2009;41:661-65.
  60. 橋本圭司. 良くなったから社会に戻るのではなく社会に戻ったから良くなる. 総合リハ 2009;37:493.
  61. 橋本圭司. 高次脳機能障害治療の実践 わが国における現状と課題. 総合リハ 2009;37:7-10.
  62. 橋本圭司. 脳外傷による高次脳機能障害者への包括的リハビリテーションの実践. 臨床リハ 2009;18:52-7.
  63. 橋本圭司.専門医としてこの患者にいかに対応するか.脳外傷者に対する復職支援.Jpn J Rehabil Med 2008;45:738-43.
  64. 橋本圭司.脳外傷による高次脳機能障害の理解.看護技術2008;54:606-12.
  65. 橋本圭司.高次脳機能障害の診断と認定.実践成年後見2008;24:27-30.
  66. Hashimoto K, Uruma G, Abo M. Activation of the prefrontal cortex during the KWCST as measured by 2-channel near-infrared spectroscopy in patients with traumatic brain injury. Eur Neurol 2008;59:24-30.
  67. Hashimoto K, Higuchi K, Nakayama Y, Abo M. Ability for basic movement as an early predictor of functioning related to activities of daily living in stroke patients. Neurorehabil Neural Repair 2007;21:353-7.
  68. Hashimoto K, Okumura A, Shinoda J, Abo M, Nakamura T. Tensor magnetic resonance imaging in a case of mild traumatic brain injury with lowered verbal intelligence quotinent. J Rehabil Med 2007;39:418-420.
  69. Okamoto T, Hashimoto K, Aoki S, Ohashi M. Cerebral Blood Flow in Patients with Diffuse Axonal Injury-Examination of the easy Z-score imaging system utility-. Eur J Neurol 2007;14:540-7.
  70. 橋本圭司.高次脳機能障害の特性と医学的リハビリテーション.成年後見法研究2007;4:100-5.
  71. 橋本圭司,野路井未穂,間島富久子,石松一真,中村俊規,安保雅博.脳外傷者に対する包括的リハビリテーションの実践.リハ医学2006;43:602-8
  72. Hashimoto K,Nakamura T,Wada I,Yoshida K,Sato S,Ohashi M:How great is willingness to pay for recovery from sequelae after severe traumatic brain injury in Japan? J Rehabil Med 2006;38:141-3.
  73. Hashimoto K, Taegami S, Okamoto T, Seta H, Abo M, Ohashi M. Examination by Near-Infrared Spectroscopy for Evaluation of Piano Performance as a Frontal Lobe Activation Task. Eur Neurol 2006;55:16-21.
  74. Hashimoto K, Okamoto T, Watanabe S,Ohashi M. Effectiveness of Comprehensive Day Treatment Program for Rehabilitation of Acquired Brain Injury Patients in Japan.J Rehabil Med 2006;38:20-5.
  75. Hashimoto K, Uruma G, Asakawa K, Abo M. Frontal Lobe Function in a Patient with Amblyopia. Jikeikai Med J 2006;53:147-9.
  76. 橋本圭司.疾患別高次脳機能のみかた―評価方法とその解釈―脳外傷. MB Med Reha.2006;70.29-37.
  77. 橋本圭司.脳外傷者の就労支援にむけたリハ医療介入.臨床リハ2005;14:326-32.
  78. 橋本圭司.脳外傷後遺症実態調査の報告.ノーマライゼーション障害者の福祉2005;25(1):42-5.
  79. 橋本圭司, 岡本隆嗣, 大橋正洋.リハビリテーション専門病院における脳外傷リハビリテーション―就労・就学予後予測因子の検討―. 神経外傷2004;27:216-20.
  80. 橋本圭司, 大橋正洋, 中村俊規, 山上 皓.外傷性脳損傷による高次脳機能障害者の成年後見制度利用―神奈川リハビリテーション病院における調査―.臨床精神医学2004;33:1247-51.
  81. 橋本圭司, 立神粧子, 網田孝司, 岡本隆嗣, 大橋正洋, 宮野佐年.びまん性軸索損傷者におけるNIRSを用いた前頭葉機能評価の有用性の検討.脳神経2004;56:389-94.
  82. 橋本圭司, 大塚由美子, 大野好之, 三浦有紀, 渡邉 修, 大橋正洋. 後天性脳損傷者に対する教科学習訓練の試み.認知神経科学2004;6:20-7.
  83. 橋本圭司, 保坂俊晴, 村野政則, 大橋正洋, 宮野佐年.身体障害者通所授産施設「玉堤分場」における高次脳機能障害者の利用実態調査.臨床リハ2004;13:378-82.
  84. 橋本圭司, 大橋正洋, 森田智之, 岡本隆嗣, 宮野佐年.脳外傷クリニカルパス―導入前後における効果判定―.リハ医学2004;41:168-75.
  85. Hashimoto K, Ohashi M, Ehara Y, Miyano S, Abo M, Kobayashi K:Kinematic analysis of the locomotion of a quadruple amputee with very short stumps. Jikeikai Med J 2004;51:129-34.
  86. 橋本圭司、渡邉 修.脳卒中の主な障害に対するリハビリテーション 言語障害.Modern Physician2004;24:1487-91
  87. 橋本圭司.認知障害者の診療の秘訣.Modern Physician2004;24:61
  88. 橋本圭司, 渡邉 修, 大橋正洋, 殿村 暁, 藤縄光留, 生方克之.脳外傷者に対する通院プログラムの試み.リハ医学2003;40:699-706.
  89. 橋本圭司, 大橋正洋, 小林美佐子, 上久保 毅, 渡邉 修, 宮野佐年.脳損傷者の離棟・離院:第2報-当院における対策実施前後の比較―. リハ医学2003;40:369-73.
  90. 橋本圭司, 武内弘明, 大橋正洋, 渡邉 修, 上久保 毅, 宮野佐年, 岡本 淳.拡散テンソルMRI描出法による大脳白質損傷の定量化―慢性期脳外傷2例の比較―. 臨床リハ2003;12:372-6.
  91. 橋本圭司, 根本栄美子, 大橋正洋, 生方克之, 渡邉 修, 上久保 毅, 宮野佐年.神奈川リハビリテーション病院における脳損傷者の障害者手帳取得状況-障害の種類、等級とFIM得点の調査-.臨床リハ2003;12:180-184.
  92. 橋本圭司.高次脳機能障害者のための住環境整備.リハ研究2003;116:22-6.
  93. 橋本圭司, 大橋正洋, 渡邉 修, 宮野佐年.重度認知・行動障害者に対する相互乗り入れチームアプローチ.リハ医学2002;39:253-6.
  94. 橋本圭司、大橋正洋、渡邉 修.疾患における障害受容Ⅲ 脳外傷例.臨床リハ2002;11:510-17.
  95. 橋本圭司、大橋正洋、渡邉 修.記憶障害者への環境的対応と社会資源について.総合リハ2002;30:329-34.
  96. 橋本圭司、大橋正洋、大西正徳、渡邉 修、玉垣 努、小野 学.脳血管障害者の自動車運転-医学的問題点と運転許可の指標-.OTジャーナル2002;36:8-14.
  97. 橋本圭司, 大橋正洋, 渡邉 修, 宮野佐年.脳損傷者の離棟・離院―FIM, 神経心理検査による障害像の検討と当院における対策―.リハ医学2002;39:317-21.
  98. 橋本圭司, 大橋正洋, 渡邉 修, 江原義弘, 宮野佐年.高位四肢切断者の移動動作解析.総合リハ2001;29:1137-40.
  99. 橋本圭司, 大橋正洋, 渡邉 修, 宮野佐年, 高橋 茂, 高山昌美.神奈川リハビリテーション病院における義手処方の実態-過去10年の疫学的考察と義手使用状況の調査.総合リハ2001;29:955-960.
  100. 橋本圭司, 大橋正洋, 渡邉 修, 殿村 暁, 藤本 豊, 手塚晴美, 宮野佐年.精神保健福祉センターとの連携が住宅復帰援助に有効であった高次脳機能障害者の1例.リハ医学2001;38:996-9.
  101. 橋本圭司, 猪飼哲夫, 渡邉 修, 大橋正洋.脊髄血管障害の検討-東京都リハビリテーション病院における経験-.リハ医学2001;38:119-24.
  102. 橋本圭司, 猪飼哲夫, 植松海雲, 殷祥洙, 宮野佐年.ガンマグロブリン療法を用いた免疫性多発ニューロパチーのリハビリテーション経験.臨床リハ2000;9:937-40.

著書

         

  1. こどものリハビリテーション医学 第3版:発達支援と療育,(伊藤利之監修・小池純子, 半澤直美, 高橋秀寿, 橋本圭司編集),東京,医学書院,2017.
  2. 脳解剖から学べる高次脳機能障害リハビリテーション入門 改訂第2版,(橋本圭司・上久保 毅編著),東京,診断と治療社,2017.
  3. 発達障害のリハビリテーション:多職種アプローチの実際,(宮尾益知・橋本圭司編著),東京,医学書院,2017.
  4. リハビリテーションにつなげる発達障害支援のための脳解剖ポイント整理ノート,(五十嵐 隆監修・橋本圭司・上久保 毅編著),東京,診断と治療社,2014.
  5. 橋本圭司. 発達を支える子どものリハビリテーション. 東京, 三輪書店, 2013.
  6. 橋本圭司.高次脳機能障害とは.1-23.高次脳機能障害をもつ人へのナーシングアプローチ.医歯薬出版株式会社.2013
  7. なるほど高次脳機能障害 誰にもおきるみえない障害(橋本圭司監修).ウィズシリーズ,朝日福祉ガイドブック,2013.
  8. 橋本圭司.心理的アプローチ.559-564.今日のリハビリテーション指針,東京,医学書院,2013.
  9. 橋本圭司.高次脳機能障害はよくなる.33-6.高次脳機能障害の世界(山田規畝子編著)改訂第2版,東京,協同医書出版社,2013.
  10. 岡本隆嗣,橋本圭司.2章2.高次脳機能障害者に向き合う姿勢・コミュニケーションのコツ.73-82.転倒・転落を防ぐセーフティマネジメント.金原出版株式会社.2012
  11. 岡本隆嗣,橋本圭司.2章1.高次脳機能障害の医学的理解と社会的理解.64-72.転倒・転落を防ぐセーフティマネジメント.金原出版株式会社.2012
  12. 橋本圭司.中枢神経系の損傷.93-102.標準リハビリテーション医学第3版,東京,医学書院,2012.
  13. 高次脳機能障害のリハビリがわかる本(橋本圭司監修).健康ライブラリーイラスト版,講談社,2012.
  14. 橋本圭司.高次脳機能障害―診断・治療・支援のコツ―.診断と治療社,2011.
  15. 橋本圭司.「うちの子ちょっと違う?」と感じたら読む本 子どものいいところを伸ばす育て方.PHPエディターズ・グループ,2011.
  16. 小児リハビリテーションポケットマニュアル,(栗原まな監修・本田真美・小沢浩・橋本圭司編集),東京,診断と治療社,2011.
  17. 橋本圭司.リハビリテーション入門 失われた機能をいかに補うか. PHP新書,2010.
  18. 橋本圭司. 高次脳機能を育てる. 大阪:関西看護出版,2010.
  19. 橋本圭司.高次脳機能障害に対する訓練計画,(リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学,先端医療研究所,東京). 258-261, 2010.
  20. 橋本圭司. 1人でもできるリハビリテーション. 東京:法研,2009.
  21. 高次脳機能障害リハビリテーション看護,(中村俊規監修・橋本圭司・鞆総淳子著),大阪,関西看護出版,2009.
  22. 脳解剖から学べる高次脳機能障害リハビリテーション入門,(安保雅博監修・橋本圭司・上久保 毅編著),東京,診断と治療社,2009.
  23. 知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識,(安保雅博・橋本圭司編著),東京,三輪書店,2009.
  24. 高次脳機能障害対応マニュアル 初回面接から長期支援までのエッセンシャルズ,(米本恭三監修・渡邉 修・橋本圭司編集),東京,南江堂,2008.
  25. 橋本圭司. リハビリテーション医学. (谷 諭 編:脳神経外科の常識非常識 第2版,三輪書店).104-7,431-6,2008.
  26. 橋本圭司. 高次脳機能を鍛える. 東京:全日本病院出版会,2008.
  27. 橋本圭司. 生活を支える高次脳機能リハビリテーション. 東京:三輪書店,2008.
  28. 橋本圭司. 高次脳機能障害がわかる本 対応とリハビリテーション. 東京:法研,2007.
  29. 橋本圭司.リハビリテーション医療,(旭 洋一郎, 吉本充賜編:社会福祉の新潮流③障害者福祉論,学文社,東京). 182-92, 2007.
  30. 橋本圭司.高次脳機能障害 どのように対応するか. PHP新書,2006.
  31. 橋本圭司,中島恵子.視覚認知障害者への認知リハアプローチ,( 江藤文夫,武田克彦,原 寛美,坂東充秋,渡邉 修編:高次脳機能障害のリハビリテーション.Ver,2,医歯薬出版,東京). 291-4, 2004.

学会発表

  1. 橋本圭司.市民公開講座「生活を支える心と身体のリハビリテーションー子供から高齢者までー」.第28回四国作業療法学会.徳島,2018年1月14日.
  2. 橋本圭司.特別講演「発達障害・高次脳機能障害にどのように対応するか」.第45回中国四国リハビリテーション医学研究会・第40回日本リハビリテーション医学会中国四国地方会.米子,2017年12月10日.
  3. 橋本圭司.シンポジウム:ART児の遺伝的安全性「幼児期におけるART児の発達予後」.第62回日本生殖医学会学術講演会・総会.下関,2017年11月17日.
  4. 橋本圭司.ランチョンセミナー「高次脳機能障害と認知症~ICTによる評価システムの有用性~」第18回日本日本早期認知症学会学術集会.東京,2017年10月15日.
  5. 橋本圭司.シンポジウム頭部外傷後の社会復帰支援「脳外傷による高次脳機能障害者への包括的リハビリテーション」.日本脳神経外科学会第76回学術集会.名古屋,2017年10月14日.
  6. 橋本圭司.シンポジウムART総論 わが国の生殖補助医療の現状「幼児期におけるART児の発達予後」.第53回日本周産期・新生児医学会学術集会.横浜,2017年7月18日.
  7. 橋本圭司.教育講演「発達障害へのポジティブな行動支援」第18回日本言語聴覚学会.松江,2017年6月23日.
  8. 橋本圭司.教育講演「発達障害のリハビリテーション」.第54回日本リハビリテーション医学会学術集会.岡山,2017年6月9日.
  9. 橋本圭司.特別講演「子どもの発達を支える高次脳機能リハビリテーション」.第177回東北小児神経研究会 .仙台,2017年3月19日.
  10. 橋本圭司.パネルディスカッション「乳幼児発達スケールを用いたICFの活用」.第6回厚生労働省ICFシンポジウム .東京,2017年3月18日.
  11. 橋本圭司.特別講演「発達を支える子どものリハビリテーションー高次脳機能障害・発達障害への対応法ー」.第82回神奈川リハビリテーション研究会.横浜,2017年3月4日.
  12. 橋本圭司.発達を支える子どものリハビリテーション.「エコチル調査と発達障害について」.千葉大学予防医学センター第25回市民講座 .木更津,2016年11月23日.
  13. 橋本圭司.教育講演「子どもの高次脳機能障害」.第5回日本小児診療多職種研究会.横浜,2016年7月30日.
  14. 橋本圭司.教育講演「小児の高次脳機能障害ーどのように対応するかー」.第53回日本リハビリテーション医学会学術集会.京都,2016年6月9日.
  15. 橋本圭司.教育講演「高次脳機能障害どのように対応するかー子どもから高齢者まで」.回復期リハビリテーション病院協会第27回研究大会 in 沖縄,沖縄,2016年3月9日.
  16. 橋本圭司と働く当事者.鼎談「こんな支援があれば僕らは働ける」.日本脳外傷友の会設立15周年記念全国大会,東京,2015年11月.
  17. 橋本圭司.特別講演「高次脳機能障害どのように対応するかー子どもから高齢者まで」.第12回認知リハビリテーション研究会,東京,2015年10月.
  18. 橋本圭司.パネルディスカッション「小児リハビリテーションの展開」小児専門病院における発達障害児に対する取り組み.第51回日本リハビリテーション医学会学術集会.名古屋,2014年6月.
  19. 橋本圭司.教育講演「高次脳機能障害とチームアプローチ」.リハビリテーション・ケア合同研究大会,千葉,2013年11月.
  20. 橋本圭司.発達を支える子どものリハビリテーション―エコチル調査に期待すること.東京医科歯科大学難治疾患研究所・国立環境研究所共催シンポジウム「発達障害研究の最前線」,東京,2013年11月.
  21. 橋本圭司.子どもの発達を支える親子のコミュニケーション.山梨県小児保健協会 母子保健研修会 記念市民公開講座. 甲府,2013年5月
  22. 橋本圭司.教育講演「高次脳機能障害―心と身体で支えるリハビリテーション」.第23回京都府理学療法士学会.京都, 2013年1月
  23. 橋本圭司.子どもの発達を支える親子のコミュニケーション.「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」2周年記念シンポジウム .東京,2013年1月
  24. 橋本圭司.「スポーツでおきる脳のけが―脳しんとうから高次脳機能障害まで」後遺症とリハビリテーション.日本臨床スポーツ医学会公開シンポジウム.東京, 2013年1月
  25. 橋本圭司.特別講演「心と身体で支えるリハビリテーション」.第25回日本小児精神医学研究会.松江, 2012年2月
  26. 橋本圭司.シンポジウム1「前頭葉損傷による高次脳機能障害の全人的リハビリテーション」高次脳機能障害 心で支えるリハビリテーション.第35回日本高次脳機能障害学会学術総会.鹿児島, 2011年11月
  27. 橋本圭司.第2回リハビリテーション科専門医試験受験支援講座「小児疾患」第48回日本リハビリテーション医学会学術集会.幕張, 2011年11月
  28. 橋本圭司.患者さん向けセミナー「心と身体を整えるリハビリテーション」第16回日本ライソゾーム病研究会.東京 2011年9月
  29. 橋本圭司.教育講演「高次脳機能障害リハビリテーション―診断・治療・支援のコツ―」第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.鹿児島 2010年5月
  30. 橋本圭司.脳外傷による高次脳機能障害者への包括的リハビリテーションの実践. 第1回愛宕ニューロリハカンファレンス. 東京. 2009年2月.
  31. 橋本圭司. シンポジウム「Brain scienceのトピックス」外傷性脳損傷:認知リハビリテーション. 第3回リハビリテーション科専門医会学術集会. 福岡. 2008年12月
  32. 橋本圭司. 高次脳機能障害の診断と具体的治療の進め方. 京都地域リハビリテーション研究会シンポジウム2008. 京都. 2008年7月
  33. 橋本圭司.専門医会企画 脳外傷者に対する復職支援.第45回日本リハビリテーション医学会学術集会.横浜 2008年6月
  34. Keiji Hashimoto, Miho Nojii, Fukuko Majima, Kazuma Ishimatsu, Masahiro Abo, Toshinori Nakamura:Therapeutic Milieu Day Program for Rehabilitation of Acquired Brain Injury Patients in Japan.4th World Congress of the International Society of Physical Medicine and Rehabilitation Medicine, Soul, 2007年6月
  35. 橋本圭司.シンポジウム 脳外傷リハビリテーションのエビデンスを求めて「脳外傷者への包括的リハビリテーションの実践」第43回日本リハビリテーション医学会学術集会.東京 2006年6月
  36. 橋本圭司.高次脳機能障害の特性と医学的リハビリテーション.シンポジウム 高次脳機能障害と成年後見制度の活用.日本成年後見法学会シンポジウム.東京 2006年2月
  37. Keiji Hashimoto, Miho Nojii, Fukuko Majima:Examination of NIRS for the evaluation of frontal lobe function in DAI patients . Society for Neuroscience, San Diego, 2004年12月
  38. Keiji Hashimoto, Yumiko Otsuka, Yoshiyuki Ono, Yuki Miura, Shu Watanabe,Masahiro Ohashi:Effectiveness of Cognitive Training by Paper Drills issued by Kumon Institute of Education in Adult with Traumatic Brain Injury.2nd Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation, Kyoto, 2004年4月
  39. 橋本圭司、大橋正洋、上久保 毅、渡邉 修、宮野佐年.シンポジウム「集学的認知リハアプローチ」後天性脳損傷者に対する教科学習訓練の試み.第8回認知神経科学会.東京 2003年7月
  40. Keiji Hashimoto, Masahiro Ohashi, Shu Watanabe, Takeshi Kamikubo, Satoshi Miyano:Effectiveness of Cognitive Rehabilitation by Paper Drills printed by Kumon Institute of Education in Adult with Acquired Brain Damage : A Randomized Group Controlled Trial. 2nd World Congress of International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM), Prague, 2003年7月
  41. Keiji Hashimoto, Testuo Ikai, Mikumo Uematsu, Eun Sang Soo, Satoshi Miyano, Shu Watanabe:Spinal Vascular Diseases: Etiology, Epidemiplogy, and Functional Outcome. 3rd Mediterranean Congress of Physical Medicine & Rehabilitation, Athena, 2000年7月